スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛飼育者と牛に会ってきました

皆様の協力を得て、2013年5月牛を飼うための低利子融資事業を始めました。
2頭の雌牛を買い、2世帯が現在飼育しています。

飼育者の一人は、ティアムさん、50歳です。
奥さんと中一の娘さんと暮らしています。
子どもの頃、親が牛を飼っていたことがありますが、
大人になってから自分で飼うのは初めてです。

何年も前に、台湾で3年間働いたことがありますが、
もうどこにも行きたくないとのこと。
「出稼ぎに行っても何もいいことがなかったし、何も得られなかった。
向こうでの生活は、ひどいもので、酒に博打に・・・と金を使うことばかりだった」
それで村に戻り、稲作を続けながら、人が誘ってくれれば町の建設現場で働く生活をしています。

牛は、家の周りの草を食べさせ、それほど手間がかからないので、
夫婦のどちらかが面倒を見ることができます。

今の悩みは、学校が休みでも一人娘は部屋に籠って、ゲームやFBばかりに熱中し
家族とあまり話したがらないことだそうです。

s_DSCN4922.jpg

s_DSCN4940.jpg


もう一人の飼育者は、ピクンさん、51歳です。
現在、集落から離れたところにある自分の田畑に小屋を建てて生活しています。
所有権はありませんが、耕作権がある土地で奥さんと娘さんと一緒に暮らしています。
バナナを始め、多くの果樹や野菜を植えて、それらを売る生活です。
また低利子融資で買った牛以外に、4頭の牛を飼っています。

周りに何もない森の奥深く、とても静かな環境の中で悠々自適といった生活です。
本人もこの静かな生活に満足しているとのこと。
しかし、この静かな生活に至るまでには様々な苦労があったようです。
てんかん発作も起こす自閉症の娘さんにとって、村の集落の中で暮らすには困難があったようですが
森の中の静かな小屋に暮らしてからは、落ち着いたそうです。
また息子も中学生の頃、麻薬の運び屋をしており、足ぬけのため遠くに逃がしましたが
今は、町の専門学校に復帰して学業を続けています。
s_DSCN4863.jpg

s_DSCN4881.jpg

飼育者2人とも、真摯に牛を飼ってくれている様子が伝わりました。
牛を飼うには、必ず世話をする人が必要です。
これまで色々あった人生ですが、彼らはこれから村の中で生きる方法を何とか確立するために
牛を飼い始めました。

今後も、機会があれば継続的に、牛と飼育者の様子をお伝えしていきます(加藤)。

牛を飼うための低利子融資事業への移行について

牛銀行基金の現在の状況
 ・目標50万円に対し、寄付金総額177,400円(本年4月現在)

外国為替や価格の変動
 ・円安の影響
   ☆寄付金177,400円を2013年4月25日に送金しました。
    送金手数料等を差し引かれた後、51,000バーツがタイに届きました。
   ☆昨今の急激な円安傾向のため、現地受け取り額が当初の予想より少なくなりました。
    昨年12月の為替レート約3625バーツ/1万円だったものが、4月末約2940バーツ/1万円となり、
    約2割目減りしたことになります。
 ・牛の価格高騰
   ☆昨年、牛銀行プロジェクトを企画した時点では、母牛の値段は約2万5000バーツ(三歳以上の雌牛、7万円弱)
   ☆現在、市場では、すぐに子牛を産める母牛は3万バーツ(約9万5000円)以上、
    生後間もない子牛も4000~5000バーツだったものが、1万バーツ以上と高騰しています。

 ○コンケン県ノーンメック村牛銀行委員会との協議
   ☆2013年5月、コンケン県ノーンメック村牛銀行委員会とカムクーン財団(C4Cの支援団体)スタッフが、
    複数回の会合を持ち、牛銀行用に寄付された51,000バーツの利用について協議を行いました。
   ☆その結果、寄付金51,000バーツを元手に小規模な牛銀行を始めた方がいいという結論に至り、
    牛を飼うための低利子融資事業に変更することになりました。

牛銀行変更後の低利融資事業について
 ・2世帯に各2万5000バーツ低利で融資し、当該世帯が雌子牛を購入し
  3年間飼育後、産んだ子牛を市場で販売します。
 ・各家庭は、基金を運用するカムクーン財団に利子3000バーツを上乗せした2万8000バーツを返済します。
 ・飼育者と牛銀行委員会とは契約書を交わし、それぞれが所持します。
  子牛には刻印を押し、売り買いするときも牛銀行委員会に連絡することが義務付けられます。
  5万バーツは、次の飼育者に牛を買うための資金とし、
  利子分の6000バーツは就労支援基金とし、子弟の就労支援のために役立てます。

牛銀行の今後について
 ・外国為替の変動、牛価格の高騰のリスクを考えて、牛銀行の母牛サポーター募集は終了いたします。
 ・当面は、低利融資を利用する雌子牛を飼育する世帯をサポートしつつ、コミュニティにおける子どもや青少年の重要性を訴え、理解者や賛同者を増やすことに重点を置きます。
  就労支援を含めたコミュニティ再生へ向かう活動の基盤を整えたうえで、現地の人々と話し合いながら、次の活動を考えます。

★今後とも、定期的に現地の状況をご報告いたします。
 引き続き、ご支援、ご指導のほど、よろしくお願いいたします。
子牛1


牛銀行プロジェクトのためのサポーター募集終了・計画変更のお知らせ

東北タイにおける牛銀行の執行状況、変更内容について(2013年6月)

コミュニティ・4・チルドレンでは、2012年12月より、東北タイ農村の青少年の就労支援基金を設立するために計画を進め「母牛サポーター募集キャンペーン」を行い、皆様から総額177,400円のご寄附を賜りました。

皆様にご協力いただいた牛銀行ですが、当初計画額50万円に到達しなかったこと、円安の影響、現地の牛価格の高騰などの影響を大きく受けたことなどから、コンケン県ノーンメック村牛銀行委員会を通じて、メンバーに母牛を提供し村の若者の就労支援他のための基金を創設する計画から、低利子融資制度に変更せざるを得ない状況になりました。

現地の方々との協議の上とはいえ、大幅な計画の変更後にこのようなご報告をすることをお許しいただき、重ねてご理解、ご承諾を賜りますようお願い申し上げます。

その事情と現在の執行状況を次の通り、ご説明させていただきます。
⇒(次のブログへ)

牛銀行寄付お礼(20130421時点)

新たにご寄附いただいた方々

(10)小林良守さま   5,000円
(11)林行夫さま   90,000円
(12)加藤眞理子さま 10,000円
(13)北村由美さま  10,000円
(14)黄蘊さま   10,000円

2013年4月21日時点での、ご寄附合計  177,400円

皆様のご支援により、何とか1世帯(母牛3頭貸出)から牛銀行を始めることができそうです。
でも当初の目標、2世帯(母牛6頭)支援達成まで、何とか皆さんのご協力をお願いしたいと思います。
他の方にも口コミでお知らせいただけましたら、ありがたいです。

ゆっくりではありますが、東北タイの村でも、コミュニティにおける子どもの重要性に気づき
子どもやコミュニティの将来を危惧する人々が出てきています。
牛銀行運営による就労支援という仕組みを通じて、
より一層コミュニティの大人たちが、子どもたちを見守る機会を増やし、
子どものコミュニティ活動への参加を促すことができるよう
こちらからも見守っていきたいと思います。

牛銀行サポーター(3月)

これまで、ご寄附いただいた方々

(8)菅原清香さま  一口5,000円
(9)玉田芳史さま  一口5,000円

2013年3月14日現在における牛銀行寄付金合計  52,400円

ご支援どうもありがとうございます!
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

3月18日より、加藤理事がタイに行って
牛銀行について、村人と相談してきます。
順次、経過をご報告いたします。
プロフィール

katomari

Author:katomari
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。