スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・牛銀行システム開始しました

青少年就労支援基金設立のための牛銀行事業を再開しました。

2013年にみなさまの寄付をもとに、2世帯にそれぞれ雌の子牛を一頭ずつ飼育する低利子融資事業として、
第一期牛銀行事業を始めました。
その時の計画では、2万5000バーツずつを貸出し、雌の牛を買って、飼育してもらい
3年後に利子3000バーツを上乗せした28000バーツを牛銀行委員会に返済する契約でした。

その後、牛の価格の高騰、円安の進行等の理由により、2世帯の飼育者は、すでに牛を手放し、
一部を返済し、残額も3年後である2016年には利子とともに返済できる予定です。

C4Cでは、2013年牛銀行プロジェクト・キャンペーン後も、牛銀行に対する使途指定寄付をいただき
プールしていました。
そして、ノーンメック村牛銀行委員会の方々と何度も話し合いを重ねた結果、
当初の計画通り、母牛を貸し出す循環型として再開することになりました。

第二期青少年就労支援基金設立のための牛銀行システム(循環型)とは、
・3頭の牝牛(出産適齢期)を一家族が飼育し、翌年3頭の子牛を繁殖します。
・授乳期(約1年)後に、3頭のうち2頭を飼育者のものとし、1頭を牛銀行委員会に返還します。
3頭の母牛は別の家族のもとで飼育し、上記の流れで次の希望者のもとで飼育・繁殖を展開します。

C4Cでは、それまでプールしていた牛銀行使途指定寄付総額 595,832円をタイに送金しました。
タイでは、166,000バーツ受け取りました。
2015年8月末、牛銀行委員会のメンバーと飼育者が牛市場に行って、牝牛3頭を購入しました。
以下、牛銀行委員会からの支出報告です。

牛1          40,500バーツ
牛2          42,500バーツ
牛3          46,000バーツ
運搬費(200バーツ×3) 600バーツ
飲食費         1,400バーツ
ーーーーーーーーーーーーーー
支出合計      131,000バーツ
ーーーーーーーーーーーーーー
残額          35,000バーツ

各牝牛は、すぐに繁殖できる状態で、内1頭はすでに妊娠していました。
今回の飼育者は、ゲーオさんです。↓
DSCN8097_convert_20150923172319.jpg

9月に村を訪問したとき、牛銀行の牛を確認しました。
3頭とも、とても「うつくしく」元気そうでした。
ゲーオさんが、とても大切に牛を飼育している様子がわかりました。
DSCN8095_convert_20150923171439.jpg

牛銀行委員会のメンバーもゲーオさんと契約について確認し、
子牛が生まれなかったときの責任の所在を明確にしました。
みなが、それぞれ責任をもって、牛銀行にかかわってくれています。

第二期牛銀行事業を可能にしてくださった箕面市サワディープロジェクトさま、川井ピヤラットさま、桒原英文さま、
どうもありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

katomari

Author:katomari
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。