スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌン

C4Cが支援している、東北タイ農村に住む子どもたちを紹介していきます。

ヌンは、14歳。中学生の女の子。弟が二人いる。
お父さんは、トゥッケー(ゲッコーとも呼ぶ。大きなヤモリ)を
取って売るのが商売。
だからトゥッケーを取りに夜中に外に出るし、他の県にも長期間出張していて
あまり家にいない。
お母さんは、子どもたちがまだ小さいので、出稼ぎにでず
縫製工場から仕事をもらって、家でミシンがけしている。

ヌンは、痩せてて、とても小さくみえる。
それはもともと貧血があり、運動ができないため。
両親はともに忙しく、弟たちの食事や身の回りの世話は
ヌンがやらなければならないが、体が弱いため重労働はできない。
踊りも、すぐに疲れてしまう。

でもヌンは、話すことが好き。
県レベルの朗読大会では、表彰状をもらったくらい
朗読や喋ることが好き。

ヌンは、おとなしく静かな印象をもつ女の子。
両親と同居しているのだが、家の中は縫製用の布きれや糸くずが山のように積り
工場のようになっている。
縫製の下請け賃金は非常に安い。
一か月4000バーツ(約1万2000円)になればいい方で、とてもじゃないが
子どもに高等教育を受けさせる余裕はない。
お父さんのようなトゥッケー取りも、日によって収入が変わり
遠出すればするほど、コストもかかり、
決して儲かる仕事ではない。

タイが経済発展したと言っても、
農村の住民の生活が必ずしも向上したわけではないのだ。

ヌンのように体が弱い子どもも、多いが、
ほとんどの場合、特に治療するわけでもない。
成長して自然に体力が増すのを待つしかない。

踊れるようになったらいいね~ヌン(文責;マリコ)
スナップショット 2 (2012-12-26 10-16)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

katomari

Author:katomari
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。