FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三回NTT労組関西総支部タイワークキャンプを実施しました

ご報告が遅くなりましたが、
2018年2月21日―27日、NTT労働組合関西総支部タイ東北地方農村ワークキャンプを、
タイ国コンケン県ムアン郡サワティー行政区ノーンメック村において実施しました。
s_IMG_20180226_082204.jpg
NTT労組関西総支部とタイ国東北地方ノーンメック村との関わりは、2014年11月のタイ・スタディツアーに始まりました。
その時、児童労働を撲滅させ、貧困の連鎖を断ち切るために、地域の人たちと協働して行う社会貢献のあり方を調査しました。その結果を受け、2016年にノーンメック村で多目的スポーツコートの建設・拡張工事、2017年には、ノーンメック村コミュニティ・センターを完成させました。

ノーンメック村では、村長を筆頭に大人たちが子どもや高齢者が孤独にならず、お互い助け合う気持ちを思い起こし、平穏なコミュニティを取り戻そうと尽力しています。そして日本の人々との協働を通じて、村の人々も現在の活動に対する自信と今後の励みを得ることができました。
NTT労組とともに作ったスポーツコートでは、若い男性・こどもだけではなく、女の子たちも放課後や休日に遊ぶようになりました。コミュニティ・センターは、雨天でも村人が集うことができ、様々な研修や祭りを行う場として利用されています。

これまでのワーク経験から、村長を始め村人たちは「これからも日本の方々との末長い交流を続けたい」と強く願っています。そこで、今回のワークでは、村人たちの有機農業の取り組みを応援するため、堆肥づくり、EM団子づくり、公共池の周りの整備を行いました。

s_DSCN1035.jpg EM団子を一緒に作りました。

s_DSCN1039.jpgEM団子。こんな感じ。

s_DSCN1075.jpg作ったEM団子を池に投げ入れました。
村の公共池は、大切な水源です。家庭用に利用されています。
しかし最近、ヘドロが多くなり、臭いが気になるようになりました。
そこでEM団子(微生物配合)によって、ヘドロを分解し、水を浄化するために
皆で作ったわけです。

s_DSCN1053.jpg村のおばさんたちとお菓子作り
村の女性たちが、カーオマット(もち米のお菓子)を作り、
日本人側は、餡子を持ってきて、おはぎを作りました。
タイのもち米でも、日本のお菓子が作れるんですね。
 s_DSCN1115.jpg送別会で旅の安全を願う招魂儀礼
多くの村人に、旅の安全を願って、手首に綿糸を巻いてもらいました。
結婚式や葬式と日が重なる中、多くの村人が送別会に参加してくれました。

今回は、ワークのメンバーが、村人とのコミュニケーションを積極的に図ってくれたため
村のおばさんたちの評判は上々。
とても喜んでいました。

軍事政権が続くタイでは、4年以上全国総選挙が行われていません。
次期選挙をにらんで、中央政権からバラマキともいえるほど
多くのプロジェクトが村に流入し、
元村長(現行政区長)は、その対応に追われています。
それでもNTT労組メンバーが村にいる間は、忙しい中時間を見つけて
できる限り、参加してくださいました。

これからも皆さんのご協力によって、子どもを見守るコミュニティづくりを
地元の人々とともに進めていきたいと思う次第です。(文責;加藤)

スポンサーサイト
プロフィール

katomari

Author:katomari
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。