スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青少年農業研修センター(仮称)に向けて

今年度C4Cが支援するプロジェクトが増えました。
それは、「子どもとコミュニティのための農業研修センター計画(仮称)」です。

子どもや村人とともに、なるべく化学肥料や除草剤を使わず、在来種保全を視野にいれた稲作の全工程を実施します。
稲作を行う土地は、無償で貸してくれる人がいました。

農村に住む農民の子供であっても、田植えをしたことがない子供が増えています。
稲作は、経済的に重要なのではありません。稲作に関連した様々な知識や技術があり、
そこから生じた様々な慣習、「結」や季節に応じた儀礼、信仰があります。
そして、人々を結び付け、農村生活の基盤を作ります。
稲作は文化的にも継承しなければならない文化です。

↓ちなみに、この写真は8月14日にタイ、カンボジア、フィリピン、日本の青少年が集まったタイでのキャンプ。
キャンプ場で宿泊したのち、ノーンメック村に来て、みんなで田植えを手伝ってくれました!
左から、カンボジア人3人、タイ人二人、後ろに隠れて黙々と田植えをしている日本人!
camp13.jpg

camp10.jpg

稲刈りは、11月頃です。
誰か行く人、いるかな?
camp11.jpg


スポンサーサイト
プロフィール

Author:katomari
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。