スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統音楽の練習風景から(1)

日本は冬。いつもは暑い東北タイのコンケンも、寒くなってきたそうです。
なんせ11度だ~と、タイ人が叫んでいました。
あの風がよく通る高床式の家で、
冷水だけのシャワー、
車にはクーラーはついていても暖房はついていない
そんな中での11度の気候は、さすがに寒そうです。

何はともあれ、
カムクーンの子どもたちに対する活動のメインである伝統音楽の練習風景をご紹介します。

毎月、コンケン大学の芸術学部の学生を呼んで、伝統楽器を教えてもらっているほか、
最近では、先輩たちが小さい子どもに教えるようになりました。

15เรียนดนตรี0016

背の高い2人の男の子は、ジミーとオイル。今年の5月から芸術専門学校(高等学校に相当)に通い始めました。
そして専門も、伝統楽器。
ジミーが得意なのは、ポーンラーンという、この地方独自のローカルな木琴。
オイルが得意なのは、ケーンという、やはりこの地方独自の笙(竹で作った尺八のようなもの)。
二人とも県大会や地方大会では、賞をもらうほどの腕前なんです。

15เรียนดนตรี0013

伝統楽器と言えども、コードのようなものがあり、
ちゃんと楽譜を覚えないとなかなか上達しません。
小さな子どもたちも、真剣に楽譜のお勉強。

15DSC_0079.jpg

小さな子どもに指導している姿を見ると、子どもの成長って早いな~と感心します。
オイルの指導も丁寧です。
いいお兄さんになってきました。

15DSC_0003.jpg

二人とも、専門学校は地元から離れたところにあるため、寮で下宿しています。
でも週末になると、実家に帰ってきて、小さな子たちへの指導を手伝ってくれます。
本当に楽器演奏が好きなんだね。
普段は口下手で、勉強もさして得意ではないけれど、
こういうとき、とても饒舌になって、頼りがいがある面を見せてくれます。

これからも、よ・ろ・し・く!

次回は、伝統楽器の種類なんて、紹介してみようかな?
スポンサーサイト
プロフィール

Author:katomari
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。