スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛飼育者と牛に会ってきました

皆様の協力を得て、2013年5月牛を飼うための低利子融資事業を始めました。
2頭の雌牛を買い、2世帯が現在飼育しています。

飼育者の一人は、ティアムさん、50歳です。
奥さんと中一の娘さんと暮らしています。
子どもの頃、親が牛を飼っていたことがありますが、
大人になってから自分で飼うのは初めてです。

何年も前に、台湾で3年間働いたことがありますが、
もうどこにも行きたくないとのこと。
「出稼ぎに行っても何もいいことがなかったし、何も得られなかった。
向こうでの生活は、ひどいもので、酒に博打に・・・と金を使うことばかりだった」
それで村に戻り、稲作を続けながら、人が誘ってくれれば町の建設現場で働く生活をしています。

牛は、家の周りの草を食べさせ、それほど手間がかからないので、
夫婦のどちらかが面倒を見ることができます。

今の悩みは、学校が休みでも一人娘は部屋に籠って、ゲームやFBばかりに熱中し
家族とあまり話したがらないことだそうです。

s_DSCN4922.jpg

s_DSCN4940.jpg


もう一人の飼育者は、ピクンさん、51歳です。
現在、集落から離れたところにある自分の田畑に小屋を建てて生活しています。
所有権はありませんが、耕作権がある土地で奥さんと娘さんと一緒に暮らしています。
バナナを始め、多くの果樹や野菜を植えて、それらを売る生活です。
また低利子融資で買った牛以外に、4頭の牛を飼っています。

周りに何もない森の奥深く、とても静かな環境の中で悠々自適といった生活です。
本人もこの静かな生活に満足しているとのこと。
しかし、この静かな生活に至るまでには様々な苦労があったようです。
てんかん発作も起こす自閉症の娘さんにとって、村の集落の中で暮らすには困難があったようですが
森の中の静かな小屋に暮らしてからは、落ち着いたそうです。
また息子も中学生の頃、麻薬の運び屋をしており、足ぬけのため遠くに逃がしましたが
今は、町の専門学校に復帰して学業を続けています。
s_DSCN4863.jpg

s_DSCN4881.jpg

飼育者2人とも、真摯に牛を飼ってくれている様子が伝わりました。
牛を飼うには、必ず世話をする人が必要です。
これまで色々あった人生ですが、彼らはこれから村の中で生きる方法を何とか確立するために
牛を飼い始めました。

今後も、機会があれば継続的に、牛と飼育者の様子をお伝えしていきます(加藤)。
スポンサーサイト

料理講習会

昨日は漬物などの保存食を作りました。
次に、それらを使って、自分たちで考えた料理を作ります。
s_DSCN4681.jpg

外で七輪を使って料理をしました。
幸い、雨は降りませんでしたが、火を起すことは子どもたちに難しかったようで、大人たちも手伝っていました。
煮物に入れる野菜の順番を間違えたり、火力が強すぎて真っ黒になったり、、、
保護者達は、あまり口出しせず、心配そうに見守っていました。
s_DSCN4670.jpg

完成です!!!
すごいでしょう~!
s_DSCN4736.jpg

料理を並べ終えてから、グループごとに代表が前に出て、
保存食の作り方と料理の紹介を発表しました。
s_DSCN4767.jpg

さて、試食会!
日曜日だったので、保護者の方々も集まってくれ、
みんなで試食しました。
s_DSCN4790.jpg

不思議な食べ物もたくさんありましたが、
おいしかったですよ~。
男の子も積極的に手伝っていたのが意外でしたが、
チームワークは抜群でした。

最近は農村と言っても、町の工場で働く賃金労働者が増えたため、
市場で出来合いのお惣菜を買って食べるのが当たりまえになってしまいました。
家で親がきちんと料理をすることがなくなったので、
子ども達は、いつまでたっても自炊や家事ができないまま育ってしまいます。

自然の恵みを保存し、なるべく長く利用する先人の知恵を子ども達に伝えることは、
子どもに自分たちの住む環境を知るいい機会になりました。
また同時に、大人たちも、子どもたちの真剣さに感心し、見直す機会になりました(加藤)

保存食の作り方講習会

ご無沙汰しております。

雨季のタイに来ています。
毎日、雨が降るので、涼しくて過ごしやすいのですが、
農業を営む村人曰く「今年も雨が少ない。干ばつになりそうだ」とのこと。
でも、田植えが終わった人、田植えをあきらめ、直播にする人、水をポンプで引いて田植えをする人など、
農繁期であることは間違いないようです。

本来なら、キノコ採りをしている時期なのですが、
あまりキノコが生えていません。
そこで、キノコを採って、それを料理するプログラムを変えて、
村の長老から、自然の恵みを利用した保存食の作り方を教えてもらい
それらを元に料理をすることになりました。

ノーンタカイ・ノーンメック小中学校の、小学高学年~中学生の33名が、
ノーンメック村の集会所に集まりました。

まずは、スタッフのサマイと大学生ボランティアのビウが、遊びを通じて、子どもたちを
4つにグループ分けします。
s_DSCN4582.jpg

葉物の漬物、筍の塩漬け、魚やエビの塩漬け、果物の甘煮を作る4グループに分かれ、それぞれが村の年配女性の家で作り方を教えてもらいました。
s_DSCN4627.jpg

中学生の女の子の中には、自分の家でお婆ちゃんが作っているのを見たことがある子もいます。
そういう子は、他の年少の子どもに次々と指示を出していました。
しっかり者に育ちそう。
s_DSCN4609.jpg

今日は、作ったところで終わり、次の日に作った漬物で料理を作ります。

s_DSCN4661.jpg




プロフィール

Author:katomari
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。